【埼玉県八潮市】食中毒の原因は給食の何のメニュー?

Sponsored Link

埼玉県八潮市の小中学校で起こった3453名もの集団食中毒が話題となっています。

原因は、6月26日金曜日に学校にて提供された給食とされています。

また、食中毒の原因となっているのは病原性大腸菌です。

こちらの病原性大腸菌が混入していた給食のメニューは何だったのでしょうか?

個人的に気になり色々と調べましたので、気になる方はぜひご覧ください。

Sponsored Link

埼玉県八潮市の食中毒の原因は給食の何のメニュー?

まず、6月26日に提供された給食メニューは以下の通りです。

給食メニュー
・鶏唐揚げ
・海藻サラダ
・ツナじゃが
・ごはん
・みそ汁

正式な公表はされていませんが、このメニューの中で最も原因に近いとされているのが鶏唐揚げではないかと言われています。

理由として、鶏唐揚げを食べた小中学校の児童や生徒より「生っぽかった」との声が多数挙がっていたのです。

食中毒の症状の重さは人によって様々だったようですが、味が普通に感じた人はそこまで症状は重くなかったことも気になります。

僕は食中毒に感染したことはないのですが、お腹の中を絞られているような感覚に襲われるとのことで、とても苦しい症状だったことが分かります…。

ちなみに、学校給食を担当していた「四季亭 八潮工場」は三日間の営業停止となっています。

内閣総理大臣賞も受賞している食品管理に絶対の自信を誇っていました。

そんな栄華ある企業に今回の事件が発生してしまったことは残念でなりません…。

集団食中毒に対するネット上の声は?

今回の食中毒に対してはネット上でも様々な声が挙がっていました。

まとめ

埼玉県八潮市で発生した集団食中毒について解説しました。

当該社には入念な再発防止策に努めて頂き、一刻も早い事態の収束と食中毒に感染した皆様の体調回復を切にお祈りします…。

コロナに目を奪われがちですが、今の時期で恐ろしいのは食中毒でもあります…。

注力すべき点が多く、大変な状況ですが、共に乗り越えていきましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする