金谷鞠杏のwiki風プロフ!GENICやミスワールドも徹底解説!

Sponsored Link

本記事では「ミス・ワールド2020」の日本代表に選出された、男女混合7人組のダンス&ボーカルグループ「GENIC」のメンバー、金谷鞠杏さんをご紹介します。

「ミス・ワールド」とは、世界131ヶ国が参加する「世界三大ミスコンテスト」と評される世界で最も権威のあるコンテストなのです。

そんな由緒ある歴史を持つコンテストにて栄えある栄冠を手にした、弱冠18歳の金谷鞠杏さんがとても気になり、プロフィールをwiki風にまとめました。

また、金谷鞠杏さんが所属するグループ「GENIC」についても、分かりやすく解説しています。

最後に、ミス・ワールドの日本代表について選出されることはどれほどのスゴさなのか、「ミス・ワールド」を徹底解説します。

あなたが金谷鞠杏さんについて気になった疑問点が、当記事にて解決できると幸いです。

Sponsored Link

金谷鞠杏のwiki風プロフィール

金谷鞠杏さんは、秋田県出身の18歳です。

18歳とは思えない圧巻のスタイルと美貌、また内面から輝きを放つ天性のカリスマ性が魅力的です。

そして、身長は167センチ、体重は非公表となっています。

芸能界デビューのキッカケは、高校3年生の時に受けたオーディションで合格したことです。

ラストチャンスの覚悟で臨んだオーディションだったそうで、もし不合格だったら金谷鞠杏さんは芸能界を諦めていたと思われます。

オーディション時の選考担当者さんは、将来のミス・ワールド日本代表の女性を選出した訳ですから、人を見る目がありますね!

また、金谷鞠杏さんは負けず嫌いな性格で、自分自身を最大のライバルとし、常に自分磨きを欠かしていないようです。

トレーニングでの身体能力向上と日々のモチベーション維持を徹底しており、ミス・ワールドの日本代表に選出されるまで、相当ハードな日々を過ごされていたことが想像できます。

つい1年前まで高校生だったとはとても感じられないオトナの魅力を持った女性ですね。

個人的な見解では、同じ秋田県出身の佐々木希さんに綺麗な感じが似ていると感じました。

それでは、金谷鞠杏さんのプロフィールをまとめます。

■名前:金谷鞠杏(かねやまりあ)
■誕生日:2001年12月31日
■出身地:秋田県大館市
■身長:167センチ
■好きな食べ物:抹茶、チョコ、スイーツ、お寿司、お肉
■嫌いな食べ物:特になし
■座右の銘:水滴水を穿つ、継続は力なり
想いがなくならければ可能性もなくならない

金谷鞠杏に彼氏はいる?

余談ですが、金谷鞠杏さんに現在彼氏はいるのか個人的に気になったため、色々と調べてみましたが、どうやら彼氏はいないと思われます。

僕なりの考察として、外見にも現れる金谷鞠杏さんの魅力とは、自分自身を律する「自己管理能力の高さ」だと感じたからです。

芸能界はとりわけ男女の交際関係に厳しい世界ですので、スキャンダルにつながるような言動を金谷鞠杏さんはとらないと思います。

ちなみに、金谷鞠杏さんの好きな男性のタイプは「素直で人の気持ちを理解できる、思いやりのある人」とコメントしています。

外見では「オシャレで笑顔が素敵な人」だそうです。

金谷鞠杏が所属するGENICとは?

次に、金谷鞠杏さんが所属する「GENIC」についてご紹介します。

GENICとは、2019年に結成された男女混合7人組のダンス&ボーカルユニットです。

所属事務所はエイベックスで、2019年に開かれたエイベックス主催のオーディションより選出されたメンバー12人で「a-genic」が結成。

こちらの12人のメンバーからサバイバル形式でさらに正式メンバー7人を選出され、改めて「GENIC」のグループ名で活動が開始されました。

とても厳しいオーディション内容を勝ち抜き、正式メンバーに見事選出されていることから、金谷鞠杏さんの人間力の高さも伺えます。

GENICのメンバーは、増子敦貴さん、西澤呈さん、雨宮翔さん、西本茉生さん、小池竜暉さん、宇井優良梨さん、そして金谷鞠杏さんの計7人です。

写真からでも所属メンバー全員の仲の良さが伺えますね!

コロナがなければ、もっと大々的にライブ活動等も行えると思われるだけにとても残念です。

↓のGENICの歌も、ぜひ聴いてみてくださいね。

ミス・ワールドとはどんなコンテスト?

最後に、ミス・ワールドとはどのようなコンテストなのかについて解説します。

ミス・ワールドとは、世界131ヶ国が参加する名実共に「世界最高の女性」を決める世界最大級のミスコンテストです。

歴史は1951年に遡るほど古く、優勝者の出身国1位はベネズエラ、インドの6回です。

ちなみに、日本人でのミス・ワールド選出者は歴史上いまだ一人もいません。

金谷鞠杏さんがそのミス・ワールド史上初の日本人グランプリに輝いてほしいですね!

ミス・ワールドの選出方法

「ミス・ワールド」を決める道のりはとても長いようです。

ウィキペディアにて下記のように選出方法が記載されていました。

ミス・ワールドの栄冠への道は長い。世界決勝の前年に、各国の候補者は国内予選で優勝するか、「ミス・ワールド」の名称を使用することを許可された各国フランチャイズ組織によって国家代表として認定されなければならない。

これらのイベントは毎年内容が変わるが、以下はその一例である。

  • ビーチ・ビューティー(浜辺での水着コンテスト。毎回開催)
  • タレント(知性を競う)
  • ミス・スポーツ(体力を競う)
  • ビューティー・ウィズ・ア・パーパス(「目的のある美」、各国代表が地元で行ってきた社会奉仕活動の有意義さを審査する)
  • トップ・モデル
  • パーソナリティー
  • ピープル・チョイス(視聴者選考)
  • コンテスタンツ・チョイス(出場者同士の選考)

引用元:wikipedia(ミス・ワールド)

ミス・ワールドとは、総合的な「人間力」を問われるコンテストなんですね。

グランプリへの道のりの険しさが容易に想像できます…。

まとめ

ここまで本記事を読み進めて頂き、ありがとうございます。

金谷鞠杏さんについて、あなたに少しでも理解して頂けたら幸いです。

金谷鞠杏さんの魅力を文章で伝えるのはなかなかハードでしたが、日本人特有の「美」を備え持った女性だと僕は感じています。

「ミス・ワールド日本代表」をキッカケに、金谷鞠杏さんが所属するGENICも、これからさらにブレイクする予感があります。

今後ますますのご活躍を信じています!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする