鬼滅祭のチケットの予約・購入方法は?値段はいくらで抽選もある?

Sponsored Link

今、日本で最も人気があると言っても過言ではないアニメ『鬼滅の刃』の新イベント「鬼滅祭-アニメ弐周年記念祭-」が発表されました。

・チケットの購入方法が気になる
・チケットの値段はいくらなのかな?
・チケットって予約することができないかな?
・チケットってもしかして抽選になるのかな?

と、疑問を感じた方のために、本記事では「鬼滅祭のチケットの予約・購入方法」「鬼滅祭のチケットの値段・抽選有無」について記述します。

僕自身の考察を踏まえながらお伝えさせて頂くことをご了承ください。

Sponsored Link

鬼滅祭のチケットの予約・購入方法は?

まず鬼滅祭のチケットの予約・購入方法についてですが、公式発表はまだされていません。

予約開始日時も公式ホームページ上では、2020年11月現在で発表はまだされていませんでした。

ここからは僕の考察ですが、コロナ禍以前よりイベントのチケットに関しては電子チケットが主流になっています。

個人的な予想では、鬼滅祭の電子チケット(または紙チケット)をオンラインストアで購入する流れになるかと予想しています。

チケットの予約販売も行う可能性は十分にあり、先着制にしてイベントの付加価値を提案される可能性もあります。

※AKB48の「握手会参加権利」のようなイメージです

『鬼滅の刃』の公式ホームページの追加情報を待つしかない状況ですが、次世代ゲーム機『PS5』と同様のチケット予約・購入方法となり得るのではないかと想像します。

鬼滅祭のチケットの値段はいくら?

鬼滅祭のチケットの値段はまだ非公表のようです。

個人的な見解となりますが、さすがに5000円以上はしないかと予想しています。

「入場チケット」として販売なのか、または「イベント参加権利も付与されたチケット」として販売されるのかにより、値段は大きく変わってきます。

運営会社の方針がどのようになるのか気になりますが、恐らく「単なる入場チケット」として販売される可能性が濃厚だと思われます。

上記の理由としては、会場内での付加価値(グッズ・イベント視聴など)営業をされると思われるからです。

例えば、付加価値をつけたための金額設定として以下のイベントの金額を挙げます。

(例1)鬼滅の刃オーケストラコンサートチケット
・特典グッズ付きS席:11000円
・特典なしA席:8000円
(例2)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか世界展
<全て日時指定入場券>
・大人:900円
・大学生、高校生:700円
・中学生:500円
(例3)初音ミク「マジカルミライ2020」企画展
・入場券:500円

例1は、ライブコンサートチケット扱いになっているので金額は高めです。

しかし、企画展系のチケット代はそこまで高額ではありません。

ですが、鬼滅の刃のネームバリューを考慮すると、入場券のみでの販売金額として、大体1000円~2000円くらいのチケット代になることが予想できますね。

鬼滅祭のチケットは抽選?

鬼滅祭のチケットは抽選になるのか気になりましたが、抽選形式かもまだ発表はされていません。

とはいえ、前述した『PS5』と同様に抽選となる可能性は高いと想像しています。

抽選になる可能性の理由として、会場内に入場制限をかける可能性が極めて高いからです。

2021年も恐らくコロナ禍は終息していないと予想します。

だとすると、限定人数での鬼滅祭参加権利の争奪戦になりえます。

もちろん、会場の混雑を鑑みてイベント参加を辞退する方も多いとは思いますが、是が非でも鬼滅祭に参加したいと考えている人はとても多いでしょう。

個人的な見解として、チケットは抽選形式になる可能性はとても高いと考えます。

鬼滅祭のイベント概要

補足で鬼滅祭のイベント概要も説明します。

※既知の情報かと思いますが一応掲載しておきます

鬼滅ファンにとっては興奮必至なイベントです。

Abemaアニメから2020年10月31日に公式発表され、早くも日本中から様々なコメントが寄せられています。

2021年も『鬼滅の刃』のブームは続きそうですね。

第2期のアニメ放映も発表されるのではないかと噂されています。

まとめ

本記事の内容をまとめます。

・鬼滅祭のチケット予約・購入方法はオンラインストアの可能性大
・鬼滅祭のチケットの値段は6~8千円と予想
・鬼滅祭のチケットの抽選の可能性は極めて高い

大人気アニメ『鬼滅の刃』について自身の考察を踏まえながらお伝えしました。

また『鬼滅の刃』関連で気になるニュースがあったら、取り上げていきます。

コロナ禍とうまく付き合った運営方法であることを個人的に願っております。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする