三浦半島の異臭騒ぎの原因は?地殻変動説が有力なのか?

Sponsored Link

神奈川県の三浦半島沿岸部にて異臭による通報が相次いでいます。

こちらの異臭は桜前線のように北上し、現在は横須賀市周辺でも臭いを感じられるようです。

異臭が北上しているということは、においが風に乗っているということですが、発生原因は何なのかとても気になります。

ツイッター上では「地震の前触れかも?」や「海底火山のせいか?」など様々なコメントがつぶやかれています。

異臭の原因について興味深い過去の事象を発見しましたのでご紹介します。

Sponsored Link

三浦半島の異臭騒ぎの原因は?

まず、三浦半島から発生している異臭の原因ですが、県警や消防・海上保安庁が調査を実施しています。

しかし、5日2時現在では大規模な事故やガス漏れなどは発生していないようです。

僕もグーグルはもちろん、ツイッターや5chもチェックしてみましたが、それらしき情報は全く見つかりませんでした。

少なくとも現時点ではネット上で異臭への決定的な情報は一切出回っていません。

ですが、様々なリサーチをしている中、次のような過去事例を発見しました。

今回の騒動と同じく異臭騒ぎがあり、原因が湖の死んだ魚や藻類が原因だったと言われる事象ですので、ご紹介いたします。

過去にカリフォルニアでも異臭騒ぎがあった

【9月12日 AFP】米カリフォルニア(California)州で10日、卵の腐ったような臭いが約240キロメートルに及ぶ広い範囲で確認され、専門家による調査の結果、付近の湖で死んだ魚や藻類が原因であることが判明した。
10日に強烈な刺激臭を当局に通報した人は200人に上り、同州で長く発生が懸念されている巨大地震の予兆となる何らかの地熱現象ではないか、との憶測がインターネット上を駆け巡った。

こちらのニュースは2012年のお話です。

ちなみに、この年のカリフォルニアでは巨大地震はありませんでした。

また、下記のようなツイートも見かけました。

偶然なのか、沿岸部付近で発生しているように見受けられます。

もし、カリフォルニアで発生した事象と同じように考えるのであれば、

・三浦半島沿岸部で大量に死んだ魚や藻類が原因となりえている可能性がある

・沿岸部付近の海で上記以外の別の異常事象が発生している可能性がある

と推測できます。

ただ、今回通報されているにおいは揮発性の臭いを示唆されています。

過去事例とは種類が若干違うように見受けられるので、このような可能性もあるな…と感じて頂ければと思います。

ですが「海が関係している可能性もある」と個人的に感じました。

異臭の原因は地殻変動説が有力なのか?

地質学の専門者の意見によると地殻変動により異臭が発生するのは常識なんだそうです。

微妙な臭いを嗅ぎ分けることにより、地殻の変化を察知するためには必要不可欠なことだということ。

断言はできませんが、地殻変動による臭いはガス臭いそうなので、事象としては一致していますね。

結局、どこの組織も原因特定に至らず、謎のまま調査が終了していることも気になります。

横須賀沿岸部までにおいが北上!

異臭の情報ですが、人によって様々な種類のにおい報告が寄せられています。

・ガスのようなにおい

・ゴムが焼けたようなにおい

・接着剤やシンナーのようなにおい

中には、においによって気分を害し、病院に運ばれた方もいらっしゃいます。

幸い命に別状はなかったようですが、それほどの強烈な刺激臭のようです。

そして、三浦半島から始まった異臭は北上を続け、現在は横須賀市までにおいを感じるようになってしまっています…。

なお、地震の前触れや自然現象を示唆するツイートが多く見受けられます。

…何もないことを祈りましょう。

まとめ

5日現在、県警や消防・海上保安庁が総出となって正確な原因究明に当たっています。

何事にも及ばないことが一番ですが、火のないところに煙はたたぬです。

においには何かしらの原因が必ずありますので、それらが有害なにおいでないことを祈るばかりです。

また、今回のにおいの詳細が分かり次第、加筆させて頂きます。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする