門りょうの炎上内容とは何?ツイッター中傷はやめましょう!

Sponsored Link

北新地に勤務していた伝説のキャバ嬢、門りょうさんのインスタに投稿された、あるコメントが炎上騒動となっています。

詳細は後述しますが、門りょうさんの上から目線気味のコメントがツイッターユーザーより反感を買ってしまい、門りょうさんへの誹謗中傷コメントが殺到していた状況です。

では、門りょうさんはどのようなコメントをアップされたのでしょうか。本記事にて具体的な炎上内容を詳しく解説いたします。

過去にも、炎上騒動があった門りょうさんですが、今回はどのような経緯で炎上してしまったのか気になった方は、このままぜひ読み進めてみてください。

Sponsored Link

門りょうの炎上内容とは何?

まず、結論からお話していきましょう。

門りょうさんの炎上したインスタ内容をご覧ください。以下の投稿が世間で物議を醸している内容です。

炎上している具体的な内容は、門りょうさんの力添えがあったにも関わらず、お礼や手紙がなかったことに対して冗談交じりで発言したことです。

この「冗談交じり」というところがポイントで、2割だけ本気なのであって、上から目線で物申している訳では決してありません。

個人的な見解としては、このようなコメントでも個人によっては悪く受け止められてしまう世間の風潮に疑問が浮かびます。

門りょうさんは特にそうだと思うのですが、礼儀や謝礼について特に厳しい業界にずっと身を置かれていました。

相手へ諭す意味を込めての今回の発言だったように感じたのは僕だけでしょうか。いえ、僕と同じように感じられた方はきっとおられると確信しています。

賛否両論ありますが、今回の門りょうさんのコメントに対して「何様だ」とか「気分が悪い」と感じられるのは、個人の見解なのでしかたのないことです。

ですが、SNS上で個人を中傷する行為はやめましょう。

では、次のテーマに移ります。

ツイッターでの中傷行為はやめましょう!

上文より続きますが、ツイッターにて門りょうさんに対して心ないコメントが散見される状況です。

門りょうさんは、元々サバサバした性格で強気なキャラクターで知られています。

批判からは何も生まれません。むしろ、悲しみしか残りません。「こんな意見もあるんだな」と心の中で咀嚼して、自身の胸の内に留めておけばいいだけです。

SNSにて自由な発言ができることは大きなメリットですが、逆を返せば一度発信した言葉には大きな責任が伴います。

SNSが本来果たしていた「顔が見えない相手との円滑なコミュニケーション」を良い意味で取り上げられる、そんな日本に戻ればいいなと個人的に感じています。

門りょうの炎上に対して世間の反応は?

まとめ

今回は、門りょうさんのインスタでの炎上騒動について言及いたしました。

門りょうさんはキャバ嬢として一躍名を馳せ、現在は一企業の副社長として活躍されている魅力的でたくましい女性です。

僕も良い意味で門りょうさんのような影響力がある人間になれるよう、負けじと努力していきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする