TMGがアマゾンに解約された理由は?両社の関係性や評判も!

Sponsored Link

2020年10月11日掲載のYahooニュースにて、このような記事を発見しました。

「アマゾンが提携する配送業者との間で契約トラブルが発生した」という事案です。

その配送業者とは、関西(大阪府茨木市)に本社を置く「T.M.G」という会社です。

一体、アマゾンとT.M.G(以下:TMG)との間に何があったのでしょうか。

僕自身、とても内容が気になった出来事だったので、事の詳細を調べてみました。

出来事の概要について詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてみてください。

Sponsored Link

T.M.Gがアマゾンに解約された理由は?

まず、配送業者であるTMGがアマゾンとの提携契約を解除になった理由についてフォーカスします。

こちらの理由については、アマゾン側より明確な理由は公表されていません。

しかし、いくつかの考察できるポイントが存在します。

契約解除となった理由のポイントは2点です。

①TMGの悪評が際立ったから
②TMGがアマゾンからのコロナ慰労金を着服した可能性があるから

ツイッターでもよく取り上げられているのですが、TMGの配送評判においては、すこぶる悪いコメントが目立ちます。

以下に、該当のツイートを掲載します。

結構な叩かれようです…。

僕は東北に住んでいてTMGの配送を受けたことがありませんので、何とも言えません。

しかし、このようなコメントが多発しているということは、それなりの理由があってのことかと推測できます。

「火のないところに煙は立たぬ」です。

T.M.Gとアマゾンの関係性!何があった?

TMGとアマゾンの関係性は一言でいうと「配送業務の委託」です。

アマゾンとしては、TMGに対して配達時間に正確で質の高い接客態度を求めていたかと思われます。

しかし、TMGへの改善につながる言動が世間に認められなかった事実は否めません。

様々な憶測が世間を賑わしていますが、一番有力な情報として、アマゾンはTMGの配送マナーの管理体制に見切りをつけたと言われています。

SNS上でこれほどまでにTMGの配送マナーについて炎上していた経緯を、アマゾンが見逃すはずがありません。

これまで何度もアマゾンからTMGへ配送マナーについて指摘を繰り返してきたことは容易に想像できます。

それでも、TMGが一定の改善水準に満たなかったことで、今回の契約解除にアマゾンが踏み切ったと考えられているようです。

他にも、アマゾンからのコロナ慰労金をTMGが着服したという噂も飛び交っていましたが、信憑性に欠ける情報でしたので、詳細は省きます。

T.M.Gの世間からの評判は?

とはいえ、TMGの全ドライバーが悪評だった訳ではありません。

ツイートでは、以下のようなコメントもありました。

ですが、良きコメントはこれしか見つけられませんでした…。

それほどまでに世間からのTMGを見る目は厳しめだったようです。

TMGの配送マナーについては、以下の内容がまとめとなります。

■再配達を頼んでも配達されない
(翌日配送になることも)
■玄関先に荷物が置いてある
■「アマゾンです」と名乗り、愛想が悪い
■配送時間内に配達されないことが多い

サービスの質については、TMG側で改めて教育する必要性を感じます。

大手配送業者のサービスは、不快に感じることが少ないですので、徹底した教育制度を設けられていることが想像できます。

「教育」の大切さについても考えさせられる記事でした。

まとめ

本稿では、配送会社TMGがアマゾンより契約解除となった理由について考察しました。

断定的な理由は挙げられませんでしたが、世間のTMGへの見る目の厳しさが妙な納得感を漂わせていたことが異質です。

日本人は特にですが、サービスの質を重視する傾向がありますので、礼儀をわきまえていない企業はすぐに淘汰されていきます。

僕自身も、今回の一件を参考に、価値ある記事を量産し続けられるよう努力していきます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする