アンジャッシュ渡部建の不倫場所の六本木ヒルズ多目的トイレはどこ?

Sponsored Link

アンジャッシュ渡部建氏が不倫場所として六本木ヒルズの地下にある多目的トイレを利用していたと特定されています。

ですが、性行為は多目的に含まれませんよね…(苦笑)

トイレはあくまでトイレですので、用を足す以外の用事は禁止されています。

今回の騒動を受けて、六本木ヒルズのトイレ利用についてはこれから厳しく罰則化される可能性まであります。

本記事では、アンジャッシュ渡部建氏が不倫場所として利用していたとされる六本木ヒルズ多目的トイレがどこなのかを考察していきます。

Sponsored Link

アンジャッシュ渡部建の不倫場所の六本木ヒルズ多目的トイレはどこ?

まず、六本木ヒルズの多目的トイレとはどのような場所なのか解説します。

↓の写真が六本木ヒルズの実際の多目的トイレの風景です。

木を基調としたスタイリッシュなデザインのトイレですね!

ちなみに、六本木ヒルズの多目的トイレは地下エリアだと「地下2階」と「地下1階」に設置されています。

エリア
付帯設備 ベビーチェア(一部なし)、オムツ交換台、手すり、男児用便器(一部のみ)

引用元:六本木ヒルズホームページ

六本木ヒルズと言えば、ユーチューブでおなじみのUUUM株式会社も所在している施設です。

品の高いイメージを持つ六本木ヒルズのイメージを壊しかねないトイレの利用方法に、世間からも渡部建氏に対して厳しい意見が寄せられています。

次のカテゴリーにて詳しく説明します。

多目的トイレを利用した不倫行為にネット上の声は?

無理もありませんが、かなり厳しい声が多いですね…。

僕にも子供がいますので多目的トイレは頻繁に利用させて頂いていますが、幼い子供を子供用チェアに置いて用を足せるので、画期的なトイレだなと感心した記憶があります。

また「5分以内で用事を済ませられるから」という理由から多目的トイレを利用していたという事実は、渡部建氏の大幅なイメージダウンとなってしまうでしょうね…。

また、関連記事として渡部建氏の不倫騒動について解説した記事もありますので、興味があれば合わせてご覧ください↓

アンジャッシュ渡部建の不倫相手のセクシー女優は誰?片桐えりりかは否定!

まとめ

今回は、アンジャッシュ渡部建氏が利用していたとされる六本木ヒルズの多目的トイレがどこなのかについて解説しました。

多目的トイレとは、多目的に用途できるトイレなのであって「用を足す以外」に利用してはいけません。

当たり前のことですが、セクシー映画の影響もあってか、誤った用途で利用されていることも事実です。

今回の騒動にて我々も襟を正し、どんな場所でも本来の目的に沿った利用を心掛けていきましょう…。

ここまでお読み頂き、感謝致します。

ありがとうございました!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする