伊予市のコロナ感染の高齢者施設はどこ?感染経路は特定された?

Sponsored Link

愛媛県が26日、伊予市内の高齢者施設で働く松山市の40代男性の方が新型コロナウイルスに罹患したことを発表しました。

男性は帰宅後、37.3度を発熱し、20日から25日にかけて3つの医療機関を受診した模様です。

PCR検査の結果、陽性であることが判明し、26日に指定医療機関へ入院されています。

気になるのが、男性が勤務されていた高齢者施設です。

職場クラスターの懸念の声が多数あり、現に男性の濃厚接触者は家族3人、入所者6人、職員12人の計21人です。

検査の結果、濃厚接触者全員が陰性であることを切に願います。

本記事では、以下の内容について解説いたします。

・伊予市のコロナ感染の高齢者施設はどこ?

・感染経路は特定されたのか?

・伊予市のコロナ感染に対してのネット上の反応は?

一つずつ、紐解いて解説させていただきます。

Sponsored Link

伊予市のコロナ感染の高齢者施設はどこ?

ツイッター上では「森の園」という施設ではないか、とつぶやかれています。

森の園だと特定気味になぜ話されているのかは不明です。

感染元情報が地元内で流れたのでしょうか…?

信憑性のほどは正直読めませんでした。

また、興味本位での電話などの問い合わせ等は控えましょう!

ある県では、コロナ感染者の自宅を放火したという実に腹立たしい事件も発生しています。

同じ日本人として、とても悲しい事件です。

日本人の誇りでもある「協調性」を武器に、コロナ終息へ向かって手を取り合い、助け合っていきましょう。

感染経路は特定されたのか?

現時点では、感染経路は特定できていません。

男性の行動履歴から感染経路を調査されるものと思われます。

個人的な見解ですが、感染経路って調べる必要があるのでしょうか…?

大事なことは「感染経路ではなく、感染した疑いのある人物に対しての迅速な対応」だと、僕は考えます。

どんなことでもそうですが「配慮」ってとても大事ではないか、と。

検査数の増加と共に、日本人らしさを生かした調査方法に切り替わっていけばいいのに…と心の底から感じています。

伊予市のコロナ感染に対するネット上の反応は?

高齢者施設においては、十分な消毒作業を実践していただき、多くの関係者の方々が感染していないことを祈っています。

まとめ

本記事では、伊予市内で発生したコロナ感染の高齢者施設について解説させていただきました。

これから、コロナ感染者数はどれほど増え続けていくのでしょうか…。

コロナに対する本質を見直す時だと感じます。

もはや、コロナウイルスと共存していかに罹患しないようにするか、です。

感染防止策に努めつつ、息苦しさを紛らわしていきたいですね…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする