豊橋市のコロナクラスターの飲食店はどこ?特定情報はあるのか?

Sponsored Link

6日、愛知県豊橋市の飲食店にて5日に陽性が確認された女性が居た客や従業員が新型コロナウイルスに感染し、クラスターが発生してしまいました…。

しかし、肝心の「飲食店名」が分からず、モヤモヤした情報公開となっています。

どの場所でコロナクラスターが発生したのか…、とても気になるところです。

本記事では、下記の三点について解説いたします。

1.愛知県豊橋市で発生したコロナクラスターの飲食店はどこなのか

2.1の疑問について特定情報は出ているのか

3.豊橋市のコロナクラスターについての世間の反応

出来る限りの方法で調べてみました。

気になる方は、ぜひこのまま読み進めていただければと思います。

Sponsored Link

豊橋市のコロナクラスターの飲食店はどこ?

まず結論からお話しますと、豊橋市にて発生したコロナクラスターの飲食店がどこなのか、現在は分かりかねる状況です。

ツイッターや5チャンネルなど、様々なツールをくまなく調べてみましたが、飲食店名については触れられていません。

そもそも「飲食店」と公表されていますが、夜の街に関わる飲食店である可能性も否定できないと考えます。

むしろ、夜の街に関わる「飲食店」なのかもしれません。

今日のコロナに関する情報は風評被害に晒される可能性が高く、事業者もそう簡単には店名公表に踏み切れないかと思われます。

公表するには大変な覚悟が必要でしょう…。

「客数が激減してしまうかもしれない」「倒産に直結する売上減少を招くかもしれない」と、コロナに罹患した事業者は、日々が戦々恐々の状況です。

詳しい詳細情報が分かり次第、加筆させていただきます。

飲食店名について特定情報はあるのか?

前述してしまいましたが、豊橋市で発生したコロナクラスターの飲食店名について特定情報はまだありません。

現在判明しているクラスターに関わる情報は以下となります。

今回の感染者の年齢層がほぼ中年層で男性が多いことが気になります。

たまたまかもしれませんが、スナックやバーで発生した可能性も考えられます。

そして、以下に詳細を掲載いたします。

●豊橋市で感染した男性は、ほぼ一人暮らしの方が多い
●女性は、二人暮らしで無症状
●客同士が居合わせた時間やシーンについては非公表

風評被害を考慮してか、肝心な部分が伏せられている様子を見ると、単なる飲食店とは思えないです。

最近では、店の業種についても配慮された表現方法を用いられている傾向があります。

夜の街に関わる情報公開については慎重な対応をされているのかもしれませんね。

豊橋市のコロナクラスターについて世間の反応は?

かなりの早さでかなりの人数に感染が拡大してしまったことに驚きです。

これでは、会社の方たちとご飯も食べに行けないですよね…。

まとめ

愛知県豊橋市にて発生したコロナクラスターに関する情報について解説いたしました。

店名に関わる特定情報は出回っておりませんので、引き続き十分な警戒が必要です。

「マスク着用」「手洗い徹底」とやるべきことは全てやり切り、感染防止に努めていく他ありません。

僕も含めて、新型コロナウイルスに対する対策を見極めながら、終息への一歩を着実に踏み出していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする