倉敷市でコロナ感染の県立高校はどこ?特定情報はあるのか?

Sponsored Link

岡山県で県立高校の生徒を含む4名の新型コロナウイルス感染が確認されました。

このうち倉敷市に住む1名が倉敷市内の県立高校へ通う生徒であり、どこの高校なのか注目が集まっています。

感染拡大防止策のためにも、岡山県より高校名をぜひ公表して頂きたいところです。

しかし、肝心の気になる部分が伏せられており、個人的に気になってしまったため、様々なツールを活用して調べてみました。

本記事では、以下の三点について解説いたします。

1.倉敷市でのコロナ感染の県立高校はどこか

2.上記の疑問点について特定情報はあるのか

3.倉敷市で発生したコロナに対する世間の反応

僕と同じ疑問を思い浮かんだ方は、ぜひ読み進めてみてください。

Sponsored Link

倉敷市でコロナ感染の県立高校はどこ?

結論から言うと、倉敷市内で発生したコロナ感染に関わる県立高校名は特定することができません。

ですが、コロナが発生した可能性を示唆する高校が一つだけ取り上げられていました。

その高校とは「倉敷南高校」です。

しかし、倉敷南高校でコロナが発生したという情報がどこを探しても見つからず、信憑性のない情報の可能性が高いです。

これだけ探しても見つからないということは、高校に在籍する生徒からの内部情報がない限り特定に至ることは厳しいと言えるでしょう…。

僕らはただ感染拡大防止策の一つとして情報を知りたいだけなのですが、この手のコロナ感染情報は信憑性に欠ける情報ばかりです。

「飲食店名は公表するが、学校名は公表しない」

風評被害を考慮しての行動としか感じられません。

倉敷市の高校に通う生徒のコロナに関わる特定情報は?

前述の通り、倉敷市のコロナ感染に関する特定情報は未だありません。

現在、判明している情報は下記になります。

●8月4日までに頭痛や味覚障害などの症状が発症
7月29日~8月4日まで登校していた
感染経路は不明
●家族以外の濃厚接触者は調査中

該当の高校は8月7日に終業式の予定でしたが、感染確認を受けて臨時休校となりました。

臨時休校をした高校はどこか、色々と調査しましたが特定に至りませんでした。

教育機関で発生したコロナに関する情報は、厳重に情報操作されていますね。

高校から生徒たちへ口外しないよう注意を呼びかけられているのかもしれません。

過去に発生した学校でのコロナ感染に関わる情報は、学校側より強く出回らないよう注意喚起をされていた事例が多かったようですし…。

しかたのないことなのかもしれませんね。

倉敷市でのコロナに対する世間の反応は?

上記のツイートをしていたユーザーも学校名は伏せていました。

やっぱり公にはしたくないのかな…と感じることができたツイートでした。

まとめ

本記事では、倉敷市内で発生したコロナ感染の高校について解説いたしました。

日本の経済面を懸念し、軸のブレた政治が目立つ安倍内閣ですが、もはや歯止めの効かない状況に陥っているように感じます。

「GoToキャンペーンを推進するが、お盆の帰省は控えるように」って日本語の意味が分かりません(笑)

このまま、日本はどのような道を辿ることになっていくのでしょうか…。

今一度原点に立ち返り「健康とは何か?」を考えながら、日々を過ごしていきましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする