【豊中市】コロナクラスターの高齢者施設はどこ?特定情報はあるのか?

Sponsored Link

大阪府は、9月1日に新型コロナウイルス感染者が115人確認されたことを新たに発表いたしました。

115人の感染者のうち、15人が豊中市での高齢者施設で発生したクラスターによる職員と利用者でした。

今日、クラスター(感染者集団)の発生状況に歯止めがきかない状態が続いており、市民の不安を払拭することができません。

本記事では「大阪府豊中市でコロナクラスターが発生した高齢者施設はどこなのか」を解説していきます。

Sponsored Link

【豊中市】コロナクラスターの高齢者施設はどこ?

大阪府豊中市での新型コロナウイルスによる感染情報が、同地に住む市民の間に大きな不安を呼んでいます。

クラスターと認定された今回の高齢者施設は一体どこなのでしょうか?

様々なメディア情報を調べてみましたが、高齢者施設についての情報の手掛かりをつかむことができませんでした。

全国各地での高齢者施設におけるコロナ感染情報も、終息への糸口が未だ見えない状況が続いています。

風評被害を考慮して、高齢者施設名を非公表にしているかと思われますが、付近にお住まいの高齢者の方々にウイルスが伝播しないよう祈るばかりです。

特定情報はあるのか?

ツイッターを始めとした各種SNSをくまなく調べましたが、特定に至る情報を発見することはできませんでした。

「豊中市にある高齢者施設」としか情報がなく、豊中市のどこら辺なのかすらも分かりかねる状況です。

ちなみに、豊中市にある高齢者施設は、計114件あります。

追加情報が分かりましたら、加筆させていただきます。

世間の反応は?

日本における新型コロナウイルスによる感染状況に落ち着きを取り戻すのはいつになるでしょうか…。

「PCR検査数を増やし、無症状患者を含めたコロナ感染の発見をいかに早くできるか」が重要となっています。

「明日は我が身」と律し、終息の日まで注意深く過ごしていきましょう。

まとめ

今回は、豊中市で発生したコロナクラスターの高齢者施設について言及いたしました。

もはや「運」の要素も含まれているような感染状況と、合わせて夏の季節ということもあり、マスクを外して行動する方を目にする機会が増えてきています。

「マスクを着用していればコロナに必ず感染しない」という訳ではありませんが、感染防止策として有効だということは科学的に証明されています。

今一度、僕も含めて自身の言動を見つめ直し、当たり前となった策を当たり前に履行していけるよう、マインドセットを改めていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする