仙台市のコロナクラスターバーはどこ?ビリビリの噂の真相は?

Sponsored Link

9月3日、仙台市内のバーで新型コロナウイルスによるクラスターが新たに発生したことが公表されました。

仙台市の発表では、3日に10人の感染が確認され、年代別では20代の男性1人、20代の女性2人、30代の男性2人、30代の女性1人、40代の男性3人、60代の女性1人でした。

この中の20代~40代の男女5人は、31日に感染が確認された30代男性が勤務する仙台市にあるバーの利用客とのことです。

そして、マスクを着用せず、また十分な距離をとらずに会話をしていた様子で、すでに感染が確認された患者より感染が拡大したことが濃厚です。

…このようなニュースを見ると、とても悲しくなりますね。一番の感染予防策は「自身の言動の制御」かもしれません。

今回は、仙台市でコロナクラスターが発生したバーはどこなのか、ビリビリというお店の噂の真相について解説いたします。

一つの情報として、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

仙台市のコロナクラスターバーはどこ?

仙台市の発表では「クラスターが発生しているものの”濃厚接触者が特定できている”ことから店名を公表しない」としています。

個人的な見解ですが、この意見は全く腑に落ちません(笑)

「濃厚接触者が特定できていなければ店名を公表する」と言っているようなモノですが、どちらにせよ店名を公表されるケースは多くありません。

このような報道形式がコロナ感染終息へ方向性が定まっていない原因の一つではないか、と思われます。

では、気になるクラスターが発生したとされるバーですが、仙台市青葉区国分町に店舗を構える「ミックスなオカマバー/Believe×Believe(略称:ビリビリ)」ではないか、と噂が立っています。

ビリビリの噂の真相は?

結論から言うと「クラスターの発生店舗がビリビリである」という特定情報はどこを探しても見つけることができませんでした。

では、クラスターが発生した店舗がビリビリだとなぜ噂されてしまっているのでしょうか。

こちらをよく調べてみたところ、情報提供者が爆サイ掲示板にてビリビリだと投稿していたことが噂となったようです。

お店の店舗状況もホームページが更新されておらず、ある程度の信憑性は高い情報だと思われます。

標題についての世間の声

まとめ

本記事では、仙台市でコロナクラスターが発生したバーはどこなのか解説いたしました。

しかし、特定情報ではないため、未だ噂のままです。該当店舗へ感染確認有無をするなどの行為は控えていただくようお願いします。

真相究明のため、特定情報が分かり次第、追って加筆いたします。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする