9月18日に名古屋でクラスター発生の飲食店はどこ?夜の街関連か?

Sponsored Link

愛知県名古屋市は2020年9月18日、新たに31人の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表しました。

このうち、20代~30代の女性15人と50代男性1人の計16人が名古屋市内にある飲食店の従業員であることが確認されています。

名古屋市は「感染者の感染経路が追える」との理由から、飲食店の店名を公表しない方針のようです。

本記事では「計16人ものコロナ感染が確認された飲食店はどこなのか」について、調べた結果をお伝えしていきます。

Sponsored Link

9月18日に名古屋でクラスター発生の飲食店はどこ?

まずは、下記のツイートをご覧ください。

リンク先の感染図を見ていただくとわかりやすいです。

前述した「20代~30代の女性15人、50代の男性1人」の図がとても異様となっていますよね。

こちらの飲食店の店名について様々なツールを用いて検索しましたが、情報はネット上には出回っていません。

ツイッターを始めとして、5チャンネルや爆サイ掲示板の東海版も確認しましたが、一切の情報がありませんでした。

上記のツイートのような疑問が浮かぶのも無理はありません。

しかし、よく考えてみると一つの推測が生まれます。

夜の街関連の飲食店か?

標題の意見は、爆サイ掲示板の東海版でも語られていました。

断定的な意見ではなく、あくまで憶測ですが「夜の街に関わる飲食店の従業員である可能性が高い」と判断できます。

確かに「20代~30代の女性のみ15人」という点が異様です。

通常の飲食店であれば、男女混同となるケースが多いでしょう。

だとすると、名古屋市の夜の街に関するコロナ感染が落ち着きを見せていただけに、公表できない理由が他にもあるのかもしれません。

まずは「名古屋の繁華街・地域での言動には十分な注意が必要」だという認識を改めてお持ちいただければと考えます。

クラスターに関わる世間の声

19日~22日まで4連休の「シルバーウィーク」とも称される大型連休の前に今回のコロナ報道があったことで、世間も動揺しているようです。

GoToキャンペーンを利用した国内旅行者が大幅に増加することが予想されている今回の4連休です。

一部の専門家は「コロナ感染が各都道府県にて拡大する恐れがある」と指摘していましたが、もはや止められない状況でしょう。

「国力を利用したコロナ感染防止策をとるか、日本経済の活性化を図るか」

日本政府は、上記の後者を選択しています。

一時は前者を選択していましたが、個人的な見解だと「大きな変化があったのか?」とよくわからず、腑に落ちませんでした。

コロナと向き合い、必要最大限の感染防止策を徹底していくしかないように思えます。

まとめ

今回のテーマでは、名古屋市でのコロナクラスターの飲食店の所在地について調べた結果をお伝えしました。

わからないことをお伝えする結果となってしまいましたが、他サイトでも同様の答えかと思われます。

もし、当記事の内容について信憑性の高い情報をお持ちの方はメールにてお知らせいただけると幸いです。

読者の皆様も、連休を機にコロナに感染しないよう十二分にお気を付けください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする