山下智久(やまぴー)が活動自粛から退所濃厚?理由について徹底解説!

Sponsored Link

ジャニーズ事務所所属の大人気アイドル山下智久氏が未成年女性と飲酒し、都内のホテルで一夜を共にしたことが大きな波紋を呼んでいます。

元NEWSの手越祐也氏のスキャンダル騒動は記憶に新しいですが、新型コロナウイルスで外出自粛ムードが漂う中、ジャニーズ事務所内にて軽率な行動を起こした新たなアイドルが出現してしまったことは、世間の反感を買ってもしかたのないことです。

17日、ジャニーズ事務所は山下智久氏と亀梨和也氏の処遇について発表しました。

「山下智久氏→活動自粛」

「亀梨和也氏→厳重注意」

「修二と彰」のコンビですが、文春砲にて「不祥事が明らか」になってしまいましたね…。

そして、先の手越祐也氏もそうでしたが、山下智久氏もジャニーズ事務所を退所する可能性が高いことが浮上しています。

本記事では、山下智久氏(以下:やまぴー)が「ジャニーズ事務所を退所する可能性がなぜ高いのか?」の理由について解説いたします。

Sponsored Link

山下智久(やまぴー)が活動自粛から退所濃厚?

未成年女性とのスキャンダル騒動以前に、やまぴーはジャニーズ事務所を退所する意思が昔からあったことが判明しています。

事務所を退所する理由として、以下の三点が有力だと言われています。

理由①:海外での活動志向が強い

やまぴーは、5年ほど前から海外での活動志向が強いことが分かっています。

「世界で活躍したい」と目標を高く掲げており、ゆくゆくはハリウッド俳優になることも目標としていたようです。

実際に、やまぴーがここ数年でリリースしている曲の多くは英語の歌詞が多いです。

今年6月からHuluで配信されているドラマ「THE HEAD」では、俳優として世界への活動の一歩を踏み出しています。

(その主題歌が、上記の「Nights Cold」です)

歌もうまく、演技もできるマルチな才能をお持ちの方ですので、確かにアイドルの枠で終わるのはもったいない気がします。

ご本人も遥か先を見据えて活動していたのでしょうが、今回このようなスキャンダルが発生してしまったことは本当に残念です…。

理由②:ウィルスミスの経営事務所と契約中

2019年9月には、プライベートでも親交が深いハリウッド俳優のウィル・スミス氏の家族が経営する「Westbrock Entertainment(ウェストブルック・エンターテイメント)」と契約しています。

ジャニーズ事務所史上初の契約だったそうで、アメリカやカナダで活動する際の二重契約として、やはり将来を見据えた行動をとっています。

この頃から日本での活動に限界を感じていたのかもしれません。

英語力を身につけ、アイドル活動だけでなく、海外での様々なジャンルの活動を視野に入れていたと考えられます。

理由③:日本での活動に物足りなさを感じている

コロナ禍以前に、やまぴーは日本での活動に物足りなさを感じていたことを周囲に告白していた様子です。

具体的な物足りなさの内容は分かりませんでしたが、やまぴーが思い描く理想像が日本では叶わないと感じていたのかもしれません。

日本での活動を終えて、海外から再出発を図ろうとしていたのでしょうね。

山下智久の契約満了月はいつ?

「やまぴーが事務所を退所する可能性があるのはいつなのか?」

調べたところ、12月が区切りになるようです。

ということは…、2020年内にはジャニーズ事務所を退所する可能性が高いです。

そもそも、ここまで大きな騒動となっては活動自粛から再スタートを切るには厳しい現実が待ち構えていますからね…。

やまぴーが事務所を退所する可能性は極めて高いと判断いたしました。

山下智久の活動自粛に対しての世間の反応

…確かに今回の報道って、逮捕されてもおかしくない案件なんですよね。

以前に僕が取り上げた黒川検事長の記事と同じような感じですよね…。

関連記事として、ぜひこちらもご覧ください↓

山下智久(やまぴー)の女子高生モデルはマリア愛子と特定?

まとめ

本記事では、山下智久氏がジャニーズ事務所を退所する可能性について言及しました。

しかし、最近になってジャニーズ関連の不祥事ニュースが続きますね…。

それとも、今までは埋もれていただけだったのでしょうか?

僕の気のせいかもしれませんが、ジャニー喜多川氏が亡くなられてから、ジャニーズ事務所内でのスキャンダルがより一層多発しているように感じられます。

滝沢秀明社長の今後の経営手腕に注目が集まります。

日本を代表するアイドル事務所として、現在にふさわしい礼節ある言動をどうか心がけていって頂きたいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする