マヂカルラブリー村上の経歴と学歴まとめ!出身大学についても!

  • 2020年12月22日
  • 2020年12月25日
  • 著名人

M-1グランプリ2020の優勝者は「マヂカルラブリー」でしたね!

歴代最多の募集数から頂点に上り詰めたマヂカルラブリーの漫才は本当に面白く、また決勝に残ったおいでやすこが・見取り図の漫才も爆笑モノでした(笑)

ところで、野田クリスタルさんはR-1グランプリ2020で優勝したことから一躍有名となっていますが、相方の村上さんはあまりよく知られていません。

・マヂカルラブリーの村上ってどんな人なんだろう?
・マヂカルラブリーの村上のプロフィール情報が知りたい!
・マヂカルラブリーの村上の経歴や学歴が知りたい!
 

そんな疑問を持ったあなたのために、マヂカルラブリー村上さんのプロフィールや経歴・出身大学の学歴など分かりやすくまとめてみました。

マヂカルラブリー村上さんについて気になってる方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

マヂカルラブリー村上のプロフィール

それでは、マヂカルラブリー村上さんのプロフィールからまずご紹介します。

マヂカルラブリー村上さんのプロフィール
・本名:鈴木 崇大(すずき たかひろ)
・誕生日:1984年10月15日(36歳)
・身長:181センチ
・体重:100キロ
・血液型:O型
・出身地:愛媛県新城市
・所属先:吉本興業
・趣味:アニメ鑑賞、ボートレース、携帯ゲーム、大量の酒飲み
・特技:大量の酒を飲みきること
 

実は、村上さんって芸名だったんですね!(笑)

芸名の由来については後述しますが、村上さんは毒舌キャラであり、生粋のギャンブラーであることでも知られています。

また、大量の酒を飲みきることが出来ることを特技としており、逸話では一晩で12リットルのレモンサワーを飲みきったことがあるそうです(笑)

いつか急性アルコール中毒にならないことを祈るばかりですね…。

今回は、毒舌キャラとギャンブル好きな一面についてフォーカスして記述していきます。

 

特徴①:毒舌キャラ

村上さんは、実は毒舌キャラとして知られています。

芸人の分類としては有吉弘行さんのような毒舌キャラタイプのようです。

漫才のネタでは、正当な言い分で言いくるめるツッコミ役が持ち前の村上さんですが、実は毎晩のように酒を飲み、自虐的な一面を持っているそうです。

そのようなダークな一面をバラエティ番組で発揮できれば、漫才以外でも活躍できるのではと言われています。

実際に、カンニングの竹山さんや有吉弘行さんといった切れ味鋭いコメントで人気の芸人もたくさんいますので納得です。

 

特徴②:ギャンブル好き

趣味がボートレースなだけあって、かなりのギャンブル好きなようです。

ギャンブル好きな芸人といえば、M-1グランプリ2019の覇者であるミルクボーイの内海さんも有名ですね。

ただ、内海さんは競馬好きなのに対して、村上さんは競艇好きなので、ギャンブルの種類が違います。

とはいえ、様々なネタと圧倒的なトーク力を持っている村上さんなら、競艇ネタすらも活かして2021年でブレイクする可能性は大いにあると言えます。

僕も個人的に好きなので、応援しています!

 

スポンサーリンク

マヂカルラブリー村上の経歴

高校時代の村上さんは体型が痩せており、当時の女子からモテていたそうです。

どの時期から現在の体型になってしまったのかまでは不明でしたが、個人的な推察では大学時代からではないかと思われます。

村上さんは大学時代にお笑いサークル「HOS」に所属していました。

大学在籍時は、お笑いサークル内ではカリスマ的存在で「大学お笑い日本一決定戦」で2005年・2006年となんと二連覇を果たしています。

大学当時のお笑いコンビ・トリオ名は「シーン」及び「コバヤシーン」でした。

 

大学卒業後に運命的な出会い

大学卒業後、村上さんはお笑いコンビの相方となる人物を探していました。

そこで、ある人物から紹介された人が現在の相方である野田クリスタルさんです。

元々、村上さんは野田さんのファンで、在籍する大学の学祭にも野田さんを招待していたほどだったようです。

野田さんのライブを出待ちして説得し、そのままコンビ結成に至りました。

「出会うべくして出会った」とも言える運命的な出会いだったんですね!

 

マヂカルラブリー結成→M-1優勝へ

2007年にマヂカルラブリーを結成されて、14年目の2020年にM-1グランプリ優勝という快挙を成し遂げました。

ちなみに、2017年のM-1グランプリでは決勝まで進出しましたが、惜しくも破れてしまった経緯があります。

その際、審査員の一人である上沼恵美子さんから「よぉ決勝まで残ったな」と辛口コメントを言われてしまい、悔しくて芸に磨きをかけてきたそうです。

「絶対に笑わせたい人がいる」

ネタ前の冒頭でお話したマヂカルラブリーの漫才がとても印象的でした。

 

本名ではない「村上」の名前の由来は?

情報として、村上さんの好きな漫画「東京大学物語」の主人公である「村上」からとったと情報がありましたが、真相は違いました。

真相は、村上さんが芸名を考えている時に「しずる村上」や「フルポン村上」が芸人として売れていて、かっこいい苗字だとあやかって付けた芸名です。

本名は鈴木さんですから、僕はこの話を知った時はあまりの違いから思わず笑いがこぼれました(笑)

ちなみに、村上さんの本当の芸名は「村上飛車角抜きで斉藤」です(笑)

こちらの芸名を名乗ってもネタ的にスベるため、明かしていないそうです(笑)

 

マヂカルラブリー村上の学歴

マヂカルラブリー村上さんの学歴ですが、中学名については分かりませんでしたが、高校名と大学名は分かっています。

高校名は愛媛県立新城東高校、出身大学は法政大学だとされています。

新城東高校は進学校ですが、法政大学へ進学するにあたっては相当な努力をされたことが伺えます。

新城東高校の著名人一覧にもマヂカルラブリー村上さんの名前が挙がっているので間違いなさそうです。

法政大学時代については、後述します。

 

マヂカルラブリー村上の出身大学

村上さんの出身大学は法政大学です。

在学していた部は文学部日本文学科を修めています。

偏差値60の学力を要する名門校で、法政大学出身の芸能人もたくさんいます。

前述しましたが、大学時代のお笑いサークル内では後輩の面倒見も良く、ネタも快く提供していた実力者という立場からカリスマ的存在として君臨していました。

当時の野田さんもピン芸人として活動していましたが、村上さんと同じく実力ある人気者として活動されていました。

大学は違えど、運命的な出会いを経て、M-1グランプリ優勝という快挙を成し遂げたというのは、人生って何があるか分かりませんね。

 

まとめ

本記事では、M-1グランプリ2020の覇者「マヂカルラブリー」の村上さんについてご紹介しました。

紆余曲折を経て、栄冠を勝ち取ったマヂカルラブリーの漫才はとても面白かったです!

2021年もお茶の間に引っ張りだこになること間違いなしのマヂカルラブリー。

これからも様々なシーンで活躍されることを祈り、そして応援しています!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
他の最新情報もぜひチェックしてみてください!