しぐれういの素顔は美人?可愛い?実写や顔写真は?結婚や作品についても!

Sponsored Link

しぐれういさんをご存知でしょうか?

現在、バーチャルユーチューバーとして人気が高い可愛らしいキャラと声が魅力的な方です。

僕もしぐれういさんのユーチューブを見ていますが、癒されます(笑)

本記事では、しぐれういさんの素顔は美人で可愛いのか、また実写画像や顔写真は公表されているのかを考察していきます。

また、しぐれういさんは漫画家・イラストレーターですので、コミケにも数々の作品を出版されています。

ほんの一部ではありますが、しぐれういさんが描かれた作品についてもご紹介していきます。

しぐれういさんが最近気になる方はぜひご覧ください。

Sponsored Link

しぐれういの素顔は美人?

まず、しぐれういさんについて公表されている情報をまとめます。

【名前】
しぐれうい
【本名】
不明
【出身地】
三重県四日市市(現在は東京都在住)
【職業】
漫画家・イラストレーター・ユーチューバー
【Youtube登録者数】
125,000人(2020年2月現在)

こちらはTwitterなどから調べた情報です。まず結論からお話すると、しぐれういさんの名は非公開です

ちなみにしぐれういを漢字表記すると「時雨羽衣」です。

しかし、こちらが本名とは考えにくいので恐らく芸名でしょう。

逆に、こちらが本名だったらカッコよすぎな名前です(笑)

しぐれういさんの自画像を見ると、茶髪でセミロングの可愛らしいタッチで描かれています。

しぐれういさんの動画を視聴していると、しぐれういさんの人柄が可愛いシーンががとても多く、人気度が高い理由が伺えます

また、しぐれういさんのユーチューブの配信チャンネルは、テトリスのゲームプレイ動画など様々なジャンルで配信されており、見ていて飽きない(癒される)仕様になっているのも人気の理由かもしれません。

実写や顔写真は公表されているのか?

Twitterをはじめ、色々と調べましたが実写や顔写真は公表されていないようです。

何度もお伝えしますが、あの声や話し方を聴く限り「いや、絶対可愛いだろ」と感じさせられます!

しぐれういさんの色々な配信チャンネルを見させていただきましたが、声から想像させられる「仕草」等、男のツボにハマる方は多いのではないでしょうか(笑)

個人的にツボなのは、しぐれういさんが「えへへ」とよく笑われるところです。

特徴的な萌え声なので、僕は聴いていて癒されますね(笑)

イラストレーターとして活躍中

漫画家・イラストレーターでありながらユーチューバーでもある、類まれな才能を発信している方です。

二丸修一さんの「幼なじみは絶対に負けないラブコメ」と、そのVer.2「は・や・く!」という小説のイラストも担当されています。

絵のタッチも可愛らしく「さすが漫画家!」といったイラストですね。

現在はフリーでイラストのお仕事をしていて、法人での業務受付しかしていないようです。

そして、本業である絵の仕事の合間にユーチューブを配信しています。

かなり多忙な生活をされている感が伺えますが、僕はすごく楽しそうに感じますね。

2019年5月よりユーチューバーとして本格的に活動を開始されていますが、2020年2月末現在で、既に12万5000人の登録者数を獲得している大人気のバーチャルユーチューバーです。

結婚はしているのか?

結婚はまだされていないようですね。

ママや子供を匂わすツイートが多いので、僕も最初は既婚者なのかと思っていました(笑)

しぐれういさんがママと呼ばれている理由ですが、Vtuberとして活躍する「大空スバル」というキャラクターがいます。

こちらのキャラクターデザインを手掛けたのがしぐれういさんなんですね。

Vtuber業界では、キャラクターをデザインした方を「ママ」と呼ぶ慣例的な風習があるようです。

その風習の兼ね合いでしぐれういさんはママと呼ばれています。

しぐれういの作品は?

しぐれういさんの描かれている一部の漫画をご紹介します。百合合同誌をメインで描かれているようですね。「僕らのラブライブ!7」に出される漫画のリンクも貼っています。

僕も少しだけ拝見させていただきましたが、話の内容としては好みが分かれるところかな…と感じました。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はしぐれういさんについてまとめてみました。

しぐれういさんを知るには「百見は一聞にしかず」です。Youtubeがこれほど普及し、様々な配信者がいる中で、爆発的に人気が上がっているのには理由があります。

本記事が一つのキッカケになり、皆さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする